尋常性白斑治療に用いられる「紫外線治療器」に関して、お話しさせていただきます。
まず、紫外線治療器は、どんな物?どんな種類があるのでしょうか?
紫外線治療は、人体患部に紫外線を照射し、皮膚病を治療する照射装置であります。
医療技術の進歩で、過去には、病院での治療でしか治癒できなかった皮膚病は現在、家庭用医療機器(ナローバンドUVB照射機)を使用して自宅で治癒することができます。

紫外線治療器 の種類
●PUVA療法
中波長の紫外線を患部に照射して治療するものです。
長波長の紫外線であるUVA照射にオクソラレンという紫外線療法の効果を強くする薬剤を併用する治療です。

●ナローバンドUVB療法
ナローバンドUVB療法 は、これまでの紫外線療法(PUVA療法)と比べて、薬を飲んだり、塗ったりしてから照射しなくて済むため、簡単で時間がかからないです
ナローバンドUVB紫外線とは、中波長紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311±2nm)の紫外線で、有害な紫外線を除いた紫外線です。乾癬やアトピー性皮膚炎、尋常性白斑、円形脱毛症など多くの皮膚病に有効です。
今までの紫外線療 PUVA療法 より効果がよく、副作用が極めて少なく、安全性が高いとされています。
中波長の紫外線の中でも、さらに狭い範囲に絞った波長(安全なナローバンドUVB紫外線)を使った光線療法です。
最近の皮膚科にはこのナローバンドUVBがよく置いてあります。それらの半身型、全身型紫外線治療器に、装着されたナローバンドUVB蛍光ランプは、世界中最も有名なPhilips社製ナローバンドUVB蛍光ランプです。
以前、私も皮膚科に通い、半身型紫外線治療器を、良く利用していました。

●家庭用ナローバンド紫外線治療器(家庭用ナローバンドUVB照射装置)
ナローバンドUVB蛍光ランプ が搭載されている小型ナローバンドUVB照射装置です。
搭載ランプの種類: Philips社ナローバンドUVB(型番:PL-S 9W/01/2P)
照射する紫外線は、 波長紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長(311±2nm)のナローバンドUVB紫外線です。
日本の病院でも、欧米の病院でも、白斑、乾癬 に用いられる 紫外線治療器に装着したナローバンドUVBランプは、ほとんどPhilips社のナローバンドUVB蛍光ランプです。

海外から購入する可能です。
欧米では、自宅で白斑をナローバンドUVB光線治療は、一般となっています。日本はまだです。
私は、www.nb-uvb.com から安く購入しました。日本語対応で、どでも気軽に購入できます。
効果に関しては、Philips社の医療用ナローバンドUVBランプが搭載されているので、皮膚科と同じ治療効果です。
メリットとしては、好きな時に、皮膚科と同じナローバンドUVB光線治療を自宅で行うことが可能です。

私は、使用していた家庭用紫外線治療-家庭用ナローバンドUVB照射装置

自宅で白斑を治した経験から、この「家庭用ナローバンドUVB紫外線治療器」について、アドバイスがあります。
ナローバンドUVB紫外線治療は、白斑に間違いなく、かなり効果的な治療法です。ぜひ取り入れて、光線治療を受けてください。
しかし、ナローバンドUVB光線療法は、定期的な通院しないといけません。病院の皮膚科に、週に2回~3回、遠くても、毎週通わなければ、効果はほとんど期待できません。
以前、私は、一年間、皮膚科に通いまして、効果が見られました。白斑からかなり黒い点が生成されました。
その時、1回の医療費(交通費込み)が4500円くらいだったので、一年間合計、白斑治療費40万円をかかまして、高すぎと思いました。 はっきり言って、お金の無駄だと思います。
高額なので金銭的に厳しくなったこともあり、皮膚科の機械と同じナローバンドUVB光線治療が、自宅でも可能であれば、いいなと思い、ネットでいろいろと調べ、白斑治療法を勉強していました。
そこで、Philips社製ナローバンドUVBランプ搭載の家庭用紫外線治療器を見つけました、器械の値段はそんな高くないので、二つ注文しました。
販売サイト:www.nb-uvb.com
このような家庭用紫外線治療器は、 間違いなく白斑に効果的なので、取り入れて損はないでしょう。

股間(睾丸) に新しい白斑が発症しました。
狭いところ、股間(睾丸)の白斑に家庭用ナローバンドUVB紫外線治療器を使い、ナローバンドUVBを当てます

股間(睾丸)の白斑
股間(睾丸) の尋常性白

睾丸と太ももの間の尋常性白斑治療は、光線治療前の大きさ10cm×2cmでした。三ヶ月のナローバンドUVB光線治療で、5cm×1cmまで縮小しました。 白斑は半分小さくになりました。

皮膚科に設置されてる半身型紫外線治療で、その 股間(睾丸)の白斑 にナローバンドUVBを当たりにくいです。
検査の時も、とても恥ずかしかったです。
なので、照射範囲が小さい携帯用ナローバンドUVB照射装置を購入することをしました

小型ナローバンドUVB紫外線治療器
小さいサイズの白斑に照射するに用いる小型家庭用ナローバンドUVB照射装置

この小型ナローバンドUVB照射装置は、 狭いところの白斑に当てることが可能ですので、股間(睾丸) の白斑にナローバンドUVB当てるには、向いています。
狭くて、小さいサイズの患部に照射は適用であります。

Philip社ナローバンドUVB蛍光ランプが1本搭載されていますので、照射範囲は、 (11.0cm X 3.0 cm) です
狭いところ 股間(睾丸) にナローバンドUVB紫外線を当てています

治療方法
初回、低い線量(照射時間)から照射を開始して、少しずつ線量(照射時間)を上げていきます。
紅斑がみられる様ならば、先回と同じ照射量(照射時間)で行います。
照射の頻度は、週2~3回が望ましいとされています。


私の自宅治療法

股間(睾丸)の白斑
ナローバンドUVB紫外線治療2週間後に、 股間の白斑毛穴から黒い点が現れます。

股間の白斑

ナローバンドUVB光線治療一ヵ月の効果: 股間 白斑の毛包に黒い斑点が現れ、照射時間が長くなるにつれて、黒い斑点は少し大きくなります。
白斑はかなり縮小してきました。その 股間の白斑に一回照射時間は、5分となります。
(初回は、家用型ナローバンドUVB照射装置の説明書通りに30秒で治療を開始します。赤くならなけば、照射時間を少しずつ増やします。

ナローバンドUVB光線治療は半年間続け、白斑が半分縮小しました。